« 相変わらずの・・・ | トップページ | 京都御所一般公開…② »

2006年11月 4日 (土)

京都駆け足一人旅…紅葉間近…京都御所①

P1050080_2夜行バスに一人乗って
京都駅に着いたのは朝6時過ぎだった。

500bus駅もあまり人の姿は見えず、ひっそりP1050087
まず駅近くのホテルに荷物を預け
朝食をとる。コーヒーとパン。
市バス専用一日乗車券カード500円を買う。
これで均一区間一日乗り放題。

7時半、バスに乗って、秋の一般公開が昨日(11月1日)から始まった京都御所へ。

清和院御門から仙頭御所沿いに歩く。8時。
敷き詰められた玉砂利の上をてくてく歩く。ほとんど人はいない。P1050089 P1050091
玉砂利の上を、
一筋自転車の溝が通っている。

左が仙頭御所、右の塀が京都御所。P1050113
宜秋門(ぎしゅうもん)から入る。しばらくしたら、並ぶ人ができたので、私も並ぶ。
お隣に並んだ人と話す。
名古屋からご主人と朝一番の新幹線で来たという。「初めてなんです。」と期待している。
お孫さんが京都にいるので会って帰りたいのだそうだ。その前のご夫婦は埼玉からだった。
人が多いので「5分前に開門します。」
「5分ができるなら10分前にして・・・」などと話すうち「開門じゃー」「おーっ」ざわざわざわ「じゃあゆっくり見てね。」などとわかれる。P1050121

さすが!?菊の御紋ですな。お車寄せ。
グループに分けて説明が付くのかと思ったら
そうではなく、ドットはいる。
中は広いから、入ってしまえば押し合いへし合いにはならない。
しっかりと看板で説明があるので時間は人それぞれ。
久しぶりなのでじっくり見るか。
なにせ、雛壇飾りのように木が植わっていた、などと説明してるぐらいだから。P1050128
P1050126ものすごく広く、
いろいろな建物が建っている。
そして、人形などが当時を想像させるべく、居る。
諸太夫の間。


P1050138 途中の広場ではおみやげ物のテント。大にぎわいだ。
当然ながら皇室カレンダーなども売って居る。
その他、お菓子から北山杉で染めたスカーフまで。
「京都御所でしか買えません、お菓子です。一歩出たらありません。上等の何タラを使ったお菓子です。」という説明に、私は迷い迷って両方買った。
母のおみやげに良いかも、と思った、もちろん私も味見ができる。菊の形の和菓子だ。
(実家に持って行った時写真を撮ります。)

P1050144
建礼門である。
御所の正門で天皇陛下のみが用いることができたものらしい。さっき外から見たものだ。

その後ろに朱塗りの門があり、
その中が「紫宸殿」だ。

どうやら宮内庁のHPを見てみると
紫宸殿の前まで入れるのはこの「一般公開」の時だけらしい。普通は朱塗りの門から見るようである。ラッキーであった。でだ、②へ続く

|

« 相変わらずの・・・ | トップページ | 京都御所一般公開…② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相変わらずの・・・ | トップページ | 京都御所一般公開…② »