« 永観堂へ続くはずが…閑話休題 | トップページ | 南禅寺でふーっ »

2006年11月 7日 (火)

紅葉の 永観堂

P1050391_6 P1050392_6 もみじで有名な永観堂に到着。
ここはちょっと人が多いかな。

なになに?
「京都の秋は永観堂?」
「特別寺宝展開催中?」なるほど。

みかえり阿弥陀像がご本尊である。
なるほど振り返っている。

「真正面からおびただしい人々の心を濃く受けとめても、なお正面にまわれない人びとのことを案じて、横をみかえらずにはいられない阿弥陀仏のみ心。」ということらしい。なるほど・・・ P1050402_2
P1050395_2 P1050399_2P1050409_2 P1050405_2 P1050414_2  誰もいない廊下に
 風がそっと吹き渡る。

 あちこちにかけられた 鮮やかなカーテン?のれん?(ぜーったい違う・・・)がふわっと揺れ
 風は向こうへ走っていき、
 私はまた一人。 

 外には赤くなりたい緑のもみじ。


P1050418                                               

臥龍廊です。有名ですね。P1050423 P1050425 P1050419_1 P1050421

P1050436  

紅葉がいつから植えられたのだろうか。
ふと気になったが、平安時代から有名だったようだ。
それならいいか、もみじづくしの中で思う。そろそろ疲れてきたぞ。南禅寺まで後少し。(続く

|

« 永観堂へ続くはずが…閑話休題 | トップページ | 南禅寺でふーっ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 永観堂へ続くはずが…閑話休題 | トップページ | 南禅寺でふーっ »