« 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 | トップページ | 横浜・ランドマークのクリスマスツリー »

2006年11月19日 (日)

『東京タワー』雑感①

P1060925 リリーフランキーの「東京タワー」
折しも昨日テレビでやっていたようだ。
ちらと回す間に見たが結構原作に忠実のようであった。
主人公「ボク」も大泉さん、雰囲気ある。
しかし、文章の、行間に漂う空気はどうだろうか。
夫がこれからなので、ビデオに撮ったので後で見てみるかな。



この本は娘がまず読んだ。(読むのが早いからね。)部屋へ帰って朝までに読んだらしい。
寝不足気味の顔での感想をコーヒー飲みながら・・・


「結構泣けるよ。
私自分がいい娘だと思ってるからさあ。」(ふんふん、うなづきながら)

まだ読んでいない私も返す
「私もさあ、良い娘だとおもってるからさあ。」(そうだね、と娘も私もにっこり。)

二日後、帰ってきた息子が読み終えて、私に返しながら

「この本誰に人気があるんだろうね。」
  地元の図書館では未だに500人ほど待っているらしいのだ。

「そりゃ、うちみたいに子供達たちに母の偉大さをそっと(?)知らせようとする親がさ。」
「そうっかぁ。子育て中の親が、かぁ。」と、はまってしまったかと、納得した笑顔。
「だから学校やPTAとかで人気なのかもね。」

しかし聞けば
私の薦めた本では結構良いセンいってたようだ。しめしめ。

「お父さんも読みたいって言ってた。」

「へーっ、泣いちゃうよ。お父さん」と娘と息子。

「電車では読むなって言わないとね。」「そうだね。」(一番涙もろいのだ!)

「読んだら感想言うんだろうなあ。」
「そうだね、オレのかあちゃんもさぁ、ってね。」と娘と息子。

「そうだね。うんうん。」

「聞いてあげないとね。」「そうだね。」
「誰が?」「…」

今朝、夫は楽しみに金沢出張に持って行きましたとさ。私も帰ってくるのが楽しみ楽しみ!?

|

« 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 | トップページ | 横浜・ランドマークのクリスマスツリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 | トップページ | 横浜・ランドマークのクリスマスツリー »