« 最後のランチ | トップページ | 金剛輪寺へ…湖東三山② »

2006年11月27日 (月)

紅葉真っ盛りの湖東三山へ①西明寺

P1070422_1 湖東三山
最近は有名になった滋賀県の紅葉の名所です。
紅葉真っ盛りの時期に行くことに決まっていたので(25,26日)、
混むのは当然。

旅好きの我等家族(参加者は我々夫婦、息子1,2です。)
今回は混雑回避の夜討ち朝駆けツァーということになりました。

みんな仕事で忙しかったり、飲み会で遅かったりの金曜日
そろったのが夜中の1時、で、1時20分に家を出発しました。まあ予定通りです。
運転手3人のリレーで夜を徹して走ること5時間、最後の運転が私、6時過ぎに養老SAに到着。
息子たちは寝ています。
そのまま彦根まで走り、湖東三山のうち一番近い西明寺に到着したのが、朝の7時でした。
山門前の駐車場に入れて見に行くと、なななんと開門は8時かららしい。
ちょっとのぞいたり、うろちょろ。
この間に趣ある山門を撮っておけば良かったがカメラを持って行かず、
そのあとなぜか中腹にある駐車場へ向かったのである。
こちらには4,5台の車がいた。こちらがメインなのかな。


やっと8時少し前に入る。西明寺は834(承和元年)の建立。 P1070434
P1070439登りの石段が続く。周りは今を盛りのモミジなどの紅葉が見事。朝一番なので人も少ないが、これから増えるんだろうな。
二天門も良い。
門をくぐるとその向こうに本堂、三重塔は国宝。P1070444_1 釘を使っていないという。
湖東三山はどれも山の中にあって、山を登っていく形になる。
自然の山の木の中に赤や黄色が見え隠れする様は美しい。
この前行った京都の寺とは異なる趣がある。P1070450
P1070463_2朝からあちこちで立派なカメラを向けている人がいる。P1070452 P1070457
この寺には楓が1000本あるらしい。
その見事な国宝の本堂で説明を受ける。
「きれいですね。紅葉。」
「一昨日までとは全く違いますよ。」
「どう違うのですか。」
「今日の方がすばらしい。一番です。」と太鼓判。
よかったー。P1070484 ということで
これから
「真っ赤だな♪」
「秋の夕日に♪」
などという
錦織りなす山のモミジをたくさん・・・
皆様、覚悟!
ということであります。P1070492_2
P1070514_1 江戸時代にできたという庭園の入り口。

P1070509_1 P1070513 不断桜が少し咲いている。
P1070507 下に降りる頃には、たくさんの観光客が来ていた。

昼間は駐車場にはいるのも大変らしいので、
早く来られて良かった。
しかしほとんど寝ていない私は眠いぞ。
昼間の運転は後半寝ていた息子に任せる。

しかし、私だって寝るわけにはいかない。
しっかりとカメラを持って、
汗をかきかき、階段を登りました。

では、次、行ってみよーう!!(②へ続く

|

« 最後のランチ | トップページ | 金剛輪寺へ…湖東三山② »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後のランチ | トップページ | 金剛輪寺へ…湖東三山② »