« 法然院…秋の特別拝観① | トップページ | 『ありのまま~ていねいに暮らす、楽に生きる~』法然院で »

2006年11月 5日 (日)

法然院から霊鑑寺②

P1050365 P1050330外に出ると、木々たちがうっすら紅を付け …P1050335
山門の横の講堂では素敵な絵の展覧会。
私の好きな緑がテーマ。
絵にふさわしい優しい人柄が思われる若い女性でした。
おばあちゃんが小田急沿線にいらっしゃるとか。
「おばあちゃんを大事にね。またどこかで会えるといいな。楽しみにしてるから。がんばって下さい。」そういって記念に絵はがき一枚買いました。
P1050374_1 P1050376 法然院の正門から続く石段も趣あります。 

こちら(右)は安楽寺。
表からだけ。

P1050379 こちらは霊鑑寺。
残念ながら閉まっていました。
ここで困っているアメリカ人らしい若い女性を見つけ、
「はーい!」
「ここがレイカンジ?」とか英語で聞いている。
私も良くわからないので、開いていたお店の人に尋ねる。
「そうだけど、昨日あたりから閉まっている。」という。
「残念ね。」
当然のことながら身ぶり手振り。
法然院まですぐよ、とか言って(私の気持ちではそういったつもり・・)別れる。

少しは役に立てたろうか。
後からこういう風にいえば良かった、などと思うけど、まあいいか。
それだけでちょっと嬉しい気分。
今朝から知らない人とどれだけ会話をしたろうか。

御所の名古屋から来たおばあさん(何だかおばあさんと自分を呼び方で区別できなくなりそうで困った。確かに私より10は上だったけど。)、埼玉からの夫婦から法然寺の若者の一人旅風、作家さん、などなど数え切れない多くのほんわかな思い出。
ここでかっこよく別れた都合上、颯爽と歩き出したけど、道に迷う。
私の分も聞けば良かった。とほほ
P1050386 P1050387 坂をまた登って永観堂方面へ。途中の坂もなかなか良かった。住友コレクションの美術館は閉館中だった。P1050389(続く)

|

« 法然院…秋の特別拝観① | トップページ | 『ありのまま~ていねいに暮らす、楽に生きる~』法然院で »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

コメント

京都の写真、堪能しました。私は春の一般公開に、
(警戒が厳しく、手荷物検査されました)
あれから10年、歳月の流れは速い、桜が綺麗な
哲学の道を散策したような気がしますので。
最近あれは何時だったっけ?何処だったっけ?
なんてなってしまって、話がヅレル私ですが....
銀閣寺で赤い椿が苔に映え、見事な演出でした。
冬の京都も好きですが、帰りに雪で新幹線が不通
になってしまいさんざんでした。あれから5年。
ゆったり一人旅も良いですね。

投稿: nogiku1 | 2006年11月 5日 (日) 10時29分

こんにちは
のぎくさん。そうなんです。どんどん忘れていきます。
だから忘れないうちにまとめるのに必死です。
書くのと忘れるのの競争です。
でも忘れたらまた行けばいいとも思ったり。
そういえば御所では手荷物検査みたいなのがありましたね。
「え?カメラいけないの?」「いえ、刃物とか、です。」「なーんだ。」
てな会話を今思い出しました。
まだまだ続きます・・・

投稿: いち | 2006年11月 5日 (日) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法然院…秋の特別拝観① | トップページ | 『ありのまま~ていねいに暮らす、楽に生きる~』法然院で »