« 津和野から山口へ③の1 | トップページ | 秋芳洞へ…④日目の1 »

2006年10月10日 (火)

山口へ③の2

P1030969_1 雨の津和野に別れを告げ、
途中長門峡などをちらと見つつ、山口へ。
雨は降っていませんでした。
ここへ大阪で仕事の夫が新幹線で駆けつけます。

そこで山口の見てないところで、龍福寺。大内館跡。
本堂
室町時代後期の作で、桁行5間、梁間5間で、屋根は入母屋造り、桟瓦葺。室町時代の代表的な寺院建築として、昭和29年に国の重要文化財に指定されているという。
これが修復中で工事現場見学コースへ。

ヘルメットをかぶり、二階へ上がってみるが、
工事現場とは仕切られており、どこが危険なのか、
どこから何が落ちてくるのか、と思ったしだいであります。

P1030971_1 しかし
大きな屋根を間近に見られたことは
良い経験になりました。
P1030974 近くのP1030976八坂神社(重要文化財)。
入り口にしゃれた木造洋館の写真館。
歴史を思います。

Photo_119 Photo_120昼食を食べて山の方にある龍蔵寺へ。
真言宗の古刹。正面階段前に芭蕉の句碑
ほろほろと山ぶき散るか滝の音

檀家を持たない寺ということでいろいろ工夫している気配が見えました。

観音堂の前にそびえている巨樹イチョウの木は、高さ45m、根元12.7mあり、樹齢は約850年と推定され、国の天然記念物に指定されています。

そろそろ紅葉しているかと思ってここにやって来ましたが、まだでした。

山口もだいたい見たので、夜まで温泉にでも入って待っていましょう。
湯田温泉へ。
足の筋肉痛をほぐします。のんびり昼寝もして、
夜新山口まで迎えに行き、無事合流して湯田温泉で食事、宿泊。(秋芳洞へ続く

|

« 津和野から山口へ③の1 | トップページ | 秋芳洞へ…④日目の1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 津和野から山口へ③の1 | トップページ | 秋芳洞へ…④日目の1 »