« 母の後を生きる | トップページ | 『めぐり逢えたら』『めぐり逢い』 »

2006年7月17日 (月)

盆踊り

地域の夏祭りまで一週間。
盆踊りの最終練習があった。

2時間踊る。
冷房の室内でも汗をかく。
良い運動だった。

炭坑節東京音頭などは
何年も踊っていないが何となくわかるから不思議だ。
さすが人生60年にもなると、こういう引き出しも溜まっているものだ。

そしてこの地域の○○音頭。
小学校では全員で運動会に踊る。
子供が3人いれば3年は役員で踊る。
あれからもう15年以上?なのにこれがまた自信たっぷりに踊れたから不思議。
懐かしさと踊れたうれしさ。

音楽に合わせて踊るという作業?は人間の最も原始的なもの、と聞いたことがある。
確かに人間の本能に直にぶつかってくるものかもしれない。

世界中どこでもあるものね。
私もロックのコンサートで踊るのが大好きだった。(一応、過去形にしておこう。)

盆踊り終了後、 どってーんとひっくりがえって、お休みしたのは言うまでもない。Tukune
KyuuritukemonoTomatoni写真は夕食の一部。
左から友人つっさんの料理に刺激されて作った豆腐、しそ、タマネギ入りつくねとオクラのあんかけ。薄味に出汁で煮てとろみをつけた。

婿の実家から野菜が届いたので、定番のキュウリとしその即席漬けの他に、甘酢にラー油のピリ辛漬けもできた。
それから夏野菜と鶏肉のトマト煮。

|

« 母の後を生きる | トップページ | 『めぐり逢えたら』『めぐり逢い』 »

家族のテーブル」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母の後を生きる | トップページ | 『めぐり逢えたら』『めぐり逢い』 »