« 鳴子温泉へ③(16日) | トップページ | 瀬波の夕日⑤ »

2006年6月21日 (水)

山形を経て瀬波温泉へ④17日

19
今日は暑くなりそうです。早寝しすぎて5時前に目覚めてしまった。みんなのひんしゅくを買う。

山の端は明るく太陽が顔を出しそう。

9時過ぎにチェックアウト。

12 途中の鳴子峡で記念写真を撮る。

山にはスキー場が見えた。
あの橋をさっき通ってきたのだなあ。
13 新庄で娘は降りて新幹線で、夕方の予定のある代官山へ向かう。

無事に行けるかちょいと心配。もう少し待ってようね、お腹の赤ちゃん。

最上川沿いに走る。雨の後で水量は多い。

芭蕉が否応もなく思い出される。
芭蕉はこの辺を船で下ったらしい。
「乗船の地」「下船の地」の看板があった。
五月雨をあつめて早し最上川 (あぁ、言ってしまった。)

鶴岡の先から海沿いに走る。久しぶりの日本海だ。15
コンビニでそれぞれ好きなお弁当を買って
海を見ながら食べた。
昨日食べ過ぎたからね。

さらに南下し「笹川流れ」をたどる。
我々の運転を心配する息子1から前の日にルートが送られてくる。
だいたいその通りに行く。

笹川流れだぁー、ところで笹川流れって何じゃ?
息子に聞いてみよー、
「今や美しい海の代名詞といってもいい、見事な景観を誇る延長11kmの笹川流れは、昭和2年に国の名勝天然記念物に指定されました。
その名は、
岩の間を盛り上がるように流れる潮流を、中心地笹川集落の名にちなんで付けられたといいます。」16 14_1
道の駅からもよく見える海。
クローバーが一面でした。

奇岩もいっぱい。17海もきれ18いです。

釣り竿を忘れて、少々がっかりの人、一名。
(写真の人はよそ様です。)

昔走った,鳥取島根の海岸線などと似ている。

当たり前です。同じ日本海。

今日もまた3時には宿に着きました。瀬波温泉。続く

|

« 鳴子温泉へ③(16日) | トップページ | 瀬波の夕日⑤ »

旅行・地域」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

コメント

一緒に旅してたら(そんな気分で見ています)「ピンポーン」中断
又最初から。良い温泉のようですね。明日も楽しみ。写真きれいです。

投稿: nogiku1 | 2006年6月21日 (水) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳴子温泉へ③(16日) | トップページ | 瀬波の夕日⑤ »