« 『祖国とは国語』藤原正彦 | トップページ | 青梅② 天寧寺 »

2006年5月 3日 (水)

青梅へ①…青梅大祭

Maturi1 5月3日あっぱれな青空。
高校の同級生5人で青梅へ行った。
去年亡くなった友人の墓参り。
当日は青梅のお祭り。

亡くなった友が招いてくれたようだ。
この前来たような気もする・・・が神社はその時よりにぎやか。
まずは神社の前の例のお寿司屋さんでお昼。
おいしかったです。
同じ年のご主人はひとりせっせと鮨を握る。
にぎやかに聞こえる祭囃子の音を励みに。ごちそうさまでした。
Maturi4 Maturi6 山車は12台あるらしい。 
3日は本祭りで、
12台の山車が旧青梅街道を練る。
山車と山車がすれ違うときには囃子の叩きあい(競り合い)をする。

心弾む音は私の中の日本人の心をかき立ててくれる。
この囃子は江戸神田囃子の流れをくむもので、特にこの競り合いの時の激しさは独特であるという。
お寿司をいただきながら、楽しくお喋り。戸が開くとさらに大きな音でお囃子は聞こえる。Maturi5_1
Maturi2道が狭いせいもあるが
神社の前は続々やってくる山車と人で、動きも取れないほど。

そうそうに退却して
本来の目的であるお墓参りへ向かう。②へ続く

|

« 『祖国とは国語』藤原正彦 | トップページ | 青梅② 天寧寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

私と仲間と」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青梅へ①…青梅大祭:

« 『祖国とは国語』藤原正彦 | トップページ | 青梅② 天寧寺 »