« 1歳 | トップページ | 昔、子供が生まれた(思い出①) »

2006年5月11日 (木)

子供が生まれること

先日ソフトエアロに行ったとき、娘の予定日について話していたら、
ご一緒の友人が「うちも同じ頃なのよ。」

聞けば10年目のおめでたで、しかも双子だという。
なんだか私は自分のことのように嬉しかった。
私も二度目が双子だったので、よけいである(かな?)。

「一度に二人なんて、今まで待ってたかいがあったじゃない、」と話す。
子育てはひとりも大変、二人も大変だけど、
今思うと大変さは2倍ではなく、1,5倍ぐらいかな。
で、楽しみは2倍以上かもしれない。過ぎてしまえばみんな楽しい。

子供が生まれる
そう聞くとまわりの人の幸せが思われる。
たぶん当の本人はそれだけじゃないでしょうが。
母は強し、になります。

子供はそれだけの幸せを持ってくる。

今はすぐに双子だと分かるようだが、
私の時は10か月に入ってからだった。
先生はいつも首をかしげていたが、重なっていたらしく、
心音がハッキリと二人前聞こえなかったようだ。
レントゲンを撮って、分かって一週間で生まれた。
「この写真を先生に持って行って下さい。」といわれて渡されたレントゲン写真を
廊下でそっと見たら、丸いボール大のものが二つ見えたのだ。ありゃー。
それからの周りのあわてようったらなかった。私もびっくりしたけどね。
私は全く考えていなかったけど、
聞けば夫のほうにそういう血筋があったらしい。(聞いたことはないけど、夫は少しは予想してたのだろうか。)

母と妹でミシンに向かい、おむつをもう1人分、ベビードレスをもう一着作っていた。
その波紋?は仲人さんにも及んだ。
普段手芸などやらないのに、モチーフでおくるみを作ってくれていたのだが、
もう一枚と言うことで「もうちょっとまっててね。」

Okurumi先日その一枚が押入から出てきて、
その時のことを思いだし、感謝し直した。

子供が生まれる、ことのすばらしさ。
どの子も元気に生まれてきますように。
周りの祝福を得て。
みんな待っていますよー。(とはいっても、あわてないでね。)

|

« 1歳 | トップページ | 昔、子供が生まれた(思い出①) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

私と仲間と」カテゴリの記事

コメント

松本歯科大の八重桜が花盛り
キャンバスの下の林檎園も花盛り
藤も花盛り
道筋のパンジー、ビオラ、チュウリップも花盛り
心も花盛り????これ大変!

還暦おめでとうございます。お若いのですね
自分の人生を見直す一つの節目でしょうか?
これからもお幸せに。

投稿: nogiku1 | 2006年5月11日 (木) 20時15分

のぎくさん こんにちは
のぎくさんのぶろぐ1月27日にお邪魔したとき
「誕生日前なのに60代に入っているのを発見しました。」と書きましたよ。
でも四捨五入したら変わりませんです。
たしかに一つの節目かもしれませんね。
これからもどうぞよろしくね。
テレビで「松本・・・」とか出ると息子と二人で、「晴れてる」とか言ってみています。春真っ盛り、ですね。りんごの花もきれいでしょうね。ご主人様はいかがですか?
あっちこっちからもらうという友人が松本のりんごが一番おいしいっていってました。大いに同感しました。
あ、のぎくさんは塩尻でしたっけ?(あの辺のリンゴということで・・)ではまたね。

投稿: い | 2006年5月11日 (木) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供が生まれること:

« 1歳 | トップページ | 昔、子供が生まれた(思い出①) »