« 主役交代 | トップページ | 『うつくしい子ども』石田衣良 »

2006年4月15日 (土)

ウォーキング

何の目的も無いのにただ歩くのはどうもねぇ。」
飛び込んできたこの言葉にわたしは耳を向けた。
あら?私が言っているようだ。
すると隣の人が落ち着き払って言う。
「それでも歩くのよ。」
最初に話した人はびっくりしている。私もだ。
「エーみんな歩いてるの?ただぁ?」
「そうよ。みんな歩いているのよ、何もなくても。」と他の人全員が大きく頷く。

先日大津線のホームで耳にした会話である。
関西弁だったかどうかは忘れた。
70代ぐらいの仲良しご婦人3、4人

なるほどウォーキングは浸透している、そう思った。
私もそういう「ただ歩くためのウォーキング」がなかなかできない。
買い物や用事に行くのに歩いたりはできるのだが。

しかしウォーキングの効用は言われて久しく、疑いの余地はない。
有酸素運動で全身運動。骨の老化を防ぎ、血圧も安定させ、ダイエットにもいい。
願ったりかなったりだ。

今日テレビでやっていた。
工夫して楽しく。
音楽を聴いたり、パソコンで記録したり、
その中で音楽を聴きながら行うのはいいかなと思った。

ゆっくりしたリズムで歩くときの音楽。「イエスタディ」など。これはゆっくりです。
また早いリズムの音楽などを用意するのだ。
いいかもしれない。

がっ、ここからが問題。
やる気がない。どこか奥深くにしまったまま出てこない。
困った困った。
「やる気」の上にはどっぷりと「めんどくさい」が張り付いているのだ。

いい季節に
少しがんばってみるか。
しかし、やはり買い物にかこつけて歩くしかできそうもない。
けちな根性というのでしょうか。

旅に行けば良く歩くんだけどなあ。

BMEだかなんだかをみてみると、
「これ以上なら医者へ行け。」というレベル。
崖っぷちなのかも。
いい年だし、がんばってみるかぁ・・・・(と、何度も思うが、まず「やる気」の虫干しだ。)

わかった!
「部屋が片づいたら、始めよう・・」
  (じゃあ一生できないジャン、という声が怒濤のように聞こえた。)すみませーん。

|

« 主役交代 | トップページ | 『うつくしい子ども』石田衣良 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

楽しく暮らす・衣食住」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。桜、弘法山のことでしたね。昨晩頭に城山がひらめいて、
後で弘法山思い出して、私の頭の程度はこんなもの。

信大でウオーキングの研究をして、市民の会もできそろそろ成果も発表されるのではと期待していますが・・・私は痴呆予防かな?  いやだなーーーー

投稿: nogiku1 | 2006年4月16日 (日) 08時23分

のぎくさん こんにちは
最初に思ったのは「光城山」です。http://www.mtlabs.co.jp/shinshu/hike/hikarijy.htm
松本から豊科に抜ける裏道?にありました。
弘法山も息子が写真を送ってくれました。お城はもちろん、いいところがいっぱいですものね。
私も足を元気にして、別荘再開を待っていましょう。お互いがんばりましょうね。
ウォーキングのニュースも見ました。

投稿: い | 2006年4月16日 (日) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォーキング:

« 主役交代 | トップページ | 『うつくしい子ども』石田衣良 »