« おっちょこちょいな…思い出…の一つ | トップページ | タンカン…屋久島 »

2006年3月10日 (金)

私は女優?

還暦に入院した母は腎臓ガンだった。

父はどっしり威厳がありそうで
こういうことにはからきしだめである。

検査をいっぱいしたあと
ある日、父と私はナースセンターの向かいの個室に呼ばれた。
テレビでよく見るように
写真をカシャッとはめ込んで説明する先生。

なにやら腹部に大きなものがある。
説明もよく分からないまま
「はぁはぁ」うなづく。

最後に思い切って聞いてみた。
「その大きなのは悪性腫瘍っていうことですか。」
「そうですね。」「・・・・・」「…」

「どうぞよろしくお願いします。」頭を下げて廊下に出ても
突然のことに何も言葉が出ない。

長い廊下はずっと向こうまで細くつながって、
突き当たりには明るい日差しが差し込むガラスまど。
その一番奥に母は、いる。
そこまでの距離が遙かに遠く感じていた。今でもその廊下の長さは時々頭に浮かぶ。

一歩二歩三歩
歩きながら私は自分のできる限りの早さで必死に考えた。
先生もおっしゃってたように、
母には言えない、
それだけは確信した。

母の隣の部屋のドアを越えたところから
私は思いっきりの笑顔になった。
そして、ドアを開ける。
「おかあさ~ん!調子はどう?」

まるで何もなかったかのように
私は朗らかに振る舞った。
自分でも見事だったと思う。
自分の頭の中から消し去ることでそれ自体も消えてくれると思うように。
父がその時どこでどうしていたのかは記憶にない。

私は女優?
一生に何度かしかできない演技であった。M0160

17,8年たって、お医者様から告げられるまで
母はそのことを全く知らなかった。

今日は母の83才の誕生日。
    おめでとう!、これからも元気で遊ぼうね。

|

« おっちょこちょいな…思い出…の一つ | トップページ | タンカン…屋久島 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家族のテーブル」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。

本当におめでとうございます。

突然で失礼します。

じつはnaokoファンでして、必然的にあのトピの皆さんのファンになりました。

実に、実に、見事に魅力的な方々が集まっておられる。

このブログもそういうことで楽しみの一つになっております。

2000年の十月に膀胱がん、2005年の11月に肺がん、二度私一人で医師から疑いを言われました。

最近はいとも簡単に本人に言います。

2度とも精密検査の結果疑いが晴れ、途端医師の熱意が霧消致しました。

こちらはほっ。

でも素晴らしいお話です。

どうぞお二人で楽しく遊んで、また読者であります私も楽しませて下さい。

失礼致しました。

投稿: itiguu | 2006年3月10日 (金) 17時54分

itiguuさん、こんにちは
最近、なおこさん忙しそうですね。
そうでしたか。二度もね。それはあんまりだー。
でもじっくりと見てもらったのだから、もう大丈夫ということで、
結果的には良かった。
これからもお体大切に、トピにもどうぞお出かけくださいね。

投稿: い | 2006年3月10日 (金) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私は女優?:

« おっちょこちょいな…思い出…の一つ | トップページ | タンカン…屋久島 »