« ブラックホール | トップページ | 『ウルフ・ムーンの夜』スティーヴ・ハミルトン »

2006年2月 7日 (火)

「失われたもの」

Pdrm0086

空はいろいろな模様を見せてくれる。 チャンネルをがちゃがちゃ(古いね。)回していたら国会中継で「ネットの進歩が著しい・・・」とか大臣が述べていた。
先日ちょっと一部を読んだ文(「『声の銀河系』山田登世子、河出書房新社)を思い出した。
いつからともなく、私たちの世界から失われてひさしいもの、それは〈はるかなもの〉である。」つまり自分から遠く、近づきがたく手の届かないもの、そういうものが無くなってきているというのである。
それがひとであれば権威を感じさせ、ものであれば憧れをかきたて、風景であれば旅立ちへと誘った距離…その距離が,なしくずし的に風化してゆきつつある。」ともある。 我々から「はるかなものを奪い去り、すべてを近いものに変えていく破壊の使者、その名はメディアである。」という。
確かにそうだ。見たことのないものはないと言える。
メディアを探せば。
知らないこともない。メディアを探せば。
ときめいたり、あこがれることはその質を変えていると思う。
スターも身近になり、秘密めいた存在は少ない。 「テレビによって私たちは全世界とつながり、遠くを近くにひきよせるのだ。」遠くで起こっている出来事にリアルタイムで参加できる。
スイッチひとつで瞬時に成し遂げられる『遠く』の送りもの=贈り物は、私たちから〈はるけさ〉をうばってゆくからだ。」
確かにそうかもしれない。つかみたくてもつかめない。はるかにとおいもの。それは確かに近くなり、無いように感じるかもしれない。
しかしそれは一面であって「はるかなもの」は確かに今でもあるとおもう。変質しただけだ。破壊ではないと私は思う。
実際テレビを見て雄大な景色やきれいな風景を見るとそれだけで満足せず自分の目で見たいと思うだろう。
近いと感じた「はるかなもの」に会いたいと。
メディアは我々にどのような変化をもたらしたか。メディアに惑わされ使われてはいないか。
自分自身をその中心に据え、しっかりと立って周りの状況や物事を見ていかなければならないと思う。
〈はるかなもの〉も〈身近なもの〉もどちらも自分の目で見て考え判断する〈たしかなもの〉にしていくことが大切だと思う。

|

« ブラックホール | トップページ | 『ウルフ・ムーンの夜』スティーヴ・ハミルトン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですね。メディアが発達しても、心の中には「はるかなもの」への
想いは限りなくあって、情報に左右されるものでもない。想像力という翼が失われない限り、人ははるかなものへいつでも飛んでいけると思います。

投稿: つっさん | 2006年2月 7日 (火) 17時22分

もしや、その文章って、こないだ読んだやつ?
なかなか名文だったね(笑) 一部だけど…

投稿: 晴 | 2006年2月 7日 (火) 21時08分

はい、つっさん。人間は、人の心は負けないぞっということですね。がんばろう。

それから、晴殿、えーと、こないだ読んだと言いますと、私がちょっとアドバイスをいただいたことがあったということでしたでしょうかしらん。確かに、その文ですたい。一石二鳥です。

投稿: | 2006年2月 7日 (火) 21時19分

テレビなし生活はもう何年も… 新聞なし生活は一年少々…で〜す。 単純にテレビがあると、サスペンスとか 何時間も真剣にみてしまって ぐったりと疲れてしまうから…新聞は読まないのに 次々とたまってしまって散らかるし、読んでないのにお金払うのってナンカ損した感じ…それだけのことなんですが〜っ! テレビの話題が出るところでは、話に入れずフンフンとうなづくばかり…な〜んですよ。

投稿: はてなのゆりさん | 2006年2月 7日 (火) 22時06分

こんにちは、ゆりさん。そうですか。何年もですか。一生懸命に見るのでしょうね。私が熱心に見るのは世界遺産とか、旅もの、山とか自然の紀行ものです。行った気になるし、行きたくなります。山登りなどできないのに登った気にも。ゆりさんの単独山歩きには尊敬のまなざしです。

投稿: | 2006年2月 7日 (火) 22時13分

こんにちわ。
素敵な記事ですね。
「はるかなもの」は破壊されたとか変質した、というより、どんどん遠ざかっていくのではないでしょうか。
ちょうど今現在の宇宙のように。
私たちにはまだ、見えないもの、わからないもの、でも憧れを抱くはるかなものがいっぱいあるような気がします。
現実に出不精の私なんか、あのお山の向こうには何があるんだろう、みたいなワクワク感で小さな胸がいっぱいです。

投稿: robita | 2006年2月 8日 (水) 11時43分

こんにちは、ろびさんの転居に心うろちょろの私です。
そうですね。近づいたかと思うとさらに遠くにまた「はるかなもの」が見えてくる。私も毎日遠くへの憧れがわいてきます。それがまた幸せなのでしょうね。好奇心と想像力がある限り。

投稿: | 2006年2月 8日 (水) 12時02分

関連記事を書いたのでトラックバック送信させていただきました。

投稿: robita | 2006年2月13日 (月) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「失われたもの」:

» あの山の向こうに [幸か不幸か専業主婦]
昨日、ラジオでこんな話を聞いた。(TBS「伊集院光:日曜日の秘密基地」)【冬山 関連記事を書いたのでトラックバック送信させていただきました。 [続きを読む]

受信: 2006年2月13日 (月) 14時37分

« ブラックホール | トップページ | 『ウルフ・ムーンの夜』スティーヴ・ハミルトン »