« 映画『ロイヤル・セブンティーン』 | トップページ | コナコーヒー »

2006年1月23日 (月)

好奇心から探求心へ

我がパソコンの師匠Nさま。貴重な休日を使って私のブログのデザインを検討してくれた。文字サイズも中のまま変更しないように。サイドの文字の大きさも。
いつか数学者、エッセイスト、評論家の「森 毅」さんが、「良く『好奇心を持とう』とか言うが、好奇心ではなく探求心を持つことが大事だ、」と言っていた。
単に好奇心で終わってはいけないというのだ。
その先を「どうしてだろう。何だろう。」と考え、探求することが大事だという。 確かにその通りだと思った。それを忘れないようにと、そのとき思った。
そして「N女史・師匠」はその道を行っているのだと思う。気になったらそのままではおけないのだ。

・好奇心…珍しいことや未知のことなどに興味をもつ心
・探求心…あるものを得ようとしてさがし求める心

疑問に思ったら調べる。「探し求め」「得る」こと。そのままにしないことが大切。
受験生に言うような言葉だ。

ありがたいことに今はネットでもいろいろ調べることができる。
ちょっと前では考えられなかったつなぎっぱなしが当たり前のネット世界。大いに活用して力をつけ身につけようか。まだまだだなあ。 師匠!お世話になりました。またよろしく! ネットで検索していたら(森さんの名前をど・わすれ!)見つけた。
「水のように自由を生きる」…森さんの言葉

雪土曜日、雪が降った。
一日降っていた。8センチは降った。
時に細かく、時に綿のように。電線が最大限にがんばって雪を支えている。
私は窓からじっと見ていた。やがて電線の雪はばさっばさっと落ちて下の雪と重なった。

|

« 映画『ロイヤル・セブンティーン』 | トップページ | コナコーヒー »

私と仲間と」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 好奇心から探求心へ:

« 映画『ロイヤル・セブンティーン』 | トップページ | コナコーヒー »