« 同級生 | トップページ | ほうれん草と春菊 »

2005年10月10日 (月)

「田舎医者」見川鯛山

ce3283b0.gif長いこと抱えていた短編集
友人に勧められて読み始めた見川鯛山第一作。
映像が頭の中に浮かんでくる世界。
開拓村の厳しい世界、冬の雪、春の山そんな中で暮らす生き生きした人々。
昭和55年の作で、私はもちろん生きていたが知らない世界、別の世界の気がした。
私は東京でのほほんと暮らしていたのだ。
読み終えて一作一作のその後を知りたいと思わせる余韻の残る本でした。
そして想像力をかき立てられた本でした。
ほかの本も楽しみ。

|

« 同級生 | トップページ | ほうれん草と春菊 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「田舎医者」見川鯛山:

« 同級生 | トップページ | ほうれん草と春菊 »