« 映画「キャラバン」 | トップページ | バラが咲いた。 »

2005年10月25日 (火)

「山医者の茶飲み話」見川鯛山

6990ded7.jpg見川鯛山月間?10月もまもなく終了。
まだ読んでいないものもたくさんあるけどまたの機会にしよう。同じ作家のばかり読むには私はあきっぽい。
彼の愛する人々の様子や変化もわかってくる。
那須の自然は相変わらずすがすがしい。
そして書かれている内容は少しかなしげなのが多い。
生と死とを少しペーソスを多めに書いてあるものが多い気がする。
さすが医者で少し年輪を経た人の作だ。
いろいろな人生を見てきた人だ。
悲しい話もどれも暖かい毛布にくるまれている。
鯛山先生行状記第7弾とある。全部で14冊。 平成17年8月5日88歳で没。
ほんわかする本をたくさん残してくれてありがとう。
本では肝っ玉母さんのような奥様は先に天国に行かれていたようです。

|

« 映画「キャラバン」 | トップページ | バラが咲いた。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「山医者の茶飲み話」見川鯛山:

« 映画「キャラバン」 | トップページ | バラが咲いた。 »