« 西洋朝顔 | トップページ | 好きなものは多い方が良い。 »

2005年9月22日 (木)

お墓参り

23日がお彼岸の中日という。(こんな字で良かった?)
ということはもうお彼岸中。
月に一度私は母と一緒に父の墓参りに行く。 
私は 無宗教、もしかしたらすべてを信じる全宗教かも。
どこに行ってもお参りする。
どこの神様しか拝んじゃいけない、なんて言う狭い了見の神様はいないと思う。
母はお墓参りに行って帰るとほっとした顔をする。父が怒ると思ってるのかな。
私は神様仏様になった父は自由に動けるからお墓に入ったままで、じっと待っていることはないと思っている。
「墓に行く?そうか、じゃあ俺も行くぞ。」ってなかんじで家からびゅーっと先回りして待ってる。
ただ父の住まいをきれいにすると言うことでは、一ヶ月に一度行くかな、というところ。
市営の霊園で、芝生の広い墓地なので、芝生に座って向かいの山を見ながらお茶でも飲めるよう。気持ちの良いところです。
父のお墓の左右前後にもお線香をあげて、「父をよろしくね。」
父には「みんなと仲良くね。」などといって回る。
時期のせいか、緑の芝生にきれいな花々が映えてとてもきれいだった。
帰りはいろんなお墓を見ながら帰る。

最近は「○○家」などというものは半数ぐらいかな。
「和」とか「空」とか「来てくれてありがとう。」「ここでみんなを見守っています。」とか。
お墓の前の置物?が本になっていたり、将棋盤になっていたり、形もさまざま。
それを見ながら故人をしのぶことができる。
そして今生きている自分を実感し、感謝することができる。

|

« 西洋朝顔 | トップページ | 好きなものは多い方が良い。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お墓参り:

« 西洋朝顔 | トップページ | 好きなものは多い方が良い。 »