« 秋田へ | トップページ | 男鹿半島へ。 »

2005年4月16日 (土)

秋田市内観光

秋田城まずは秋田城、久保田城というらしい。
070 赤れんが郷土館は、明治末に建てられた旧秋田銀行本店でしゃれた洋館。
重要文化財に指定されている。
版画家・勝平得之の記念館が併設されていた。彼は秋田県に生まれ、生涯を秋田県で過ごした人だったが、郷土色豊かな彩色版画作品を多数残した、とある。なかなかよかった。

かんとうそこから竿灯展示館まで。
城の中で「大平山三吉」という神社を見つけ、夫曰く「偉いやつだったのかな」
さらに竿灯館でも見つけて大声で「おおひらやまさんきちっていうのは偉かったらしいな。城にも神社があったよ。」
その言葉が終わるか終わらないかのうちに、回り出した竿灯説明のビデオ。
たいへいざんみよしじんじゃから・・・」???!!!
人名でなくて、神社の名前だった。
二人で大笑い。人が少なくてよかったー。
秋田温泉午後はお仕事に行く夫と別れて一人バスで秋田温泉へ。
ゆったりした良い温泉でした。
お風呂ではいつものように地元の人と仲良くなって情報収集。

ふきとうのおいしい食べ方など聞く。
美術館それからパンフレットで見た平野政吉美術館へ行く。
「秋田の行事」(藤田嗣治作)という大作。
ほかに誰もいない展示室でゆったりと場所を変え、立ったり座ったりして観賞。力強く、人々のざわめきやかけ声が周りから聞こえて来た気がした。
幸せに贅沢な時間を過ごして満足して帰ります。

ホテルでレンタカーを受け取り、駐車場に入れて、夜は川沿いの店で秋田の郷土料理。ほろほろよいよい。明日は男鹿半島じゃ。(続く)

|

« 秋田へ | トップページ | 男鹿半島へ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然 山 植物」カテゴリの記事

神社仏閣城趾建物」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田市内観光:

« 秋田へ | トップページ | 男鹿半島へ。 »